Q&A

2017.01.17更新

毎日のブラッシングで取りきれなかった細菌の巣となるプラーク(歯垢)は、半年くらいすると歯石に変わるといわれています。歯石になってしまうと硬くなりブラッシングでは落とせません。そのため、4、5ヶ月に1回は定期的に来院し、歯のクリーニングを受けることがトラブル予防につながります。早期発見・早期治療のためにも定期検診やメインテナンスが大切なのです。

投稿者: 山本デンタルクリニック

2017.01.17更新

神経を取った歯も虫歯になる可能性があります。神経がないと、痛みを感じないので自覚症状がなく、気づいたときにはかなり進行している……ということもあるのです。そのため、神経を取った歯はとくに丁寧にブラッシングする必要があります。

投稿者: 山本デンタルクリニック

2017.01.17更新

虫歯治療が終わった歯は、定期的なメインテナンスを怠ると「2次カリエス」という虫歯の再発や歯周病を招くことがあります。お口のトラブルの再発を防ぐためにも、家庭でのブラッシングによる毎日のケアと、歯科医院での定期的な予防ケアが大切です。お口の健康を守るため、きちんとメインテナンスを受けましょう。

投稿者: 山本デンタルクリニック

2017.01.17更新

呼び方の違いといえます。以前は「歯槽膿漏(しそうのうろう)」といっていましたが、今は「歯周病」と呼ばれています。「歯槽膿漏」とは、歯周組織から膿が出る症状のこと。これは歯周病の症状の1つです。今は「歯槽膿漏」も含めて「歯周病」と呼んでいます。

投稿者: 山本デンタルクリニック

2016.12.20更新

今後とも宜しくお願い致します!

投稿者: 山本デンタルクリニック

  • 医院ブログ
  • Q&A

歯のことでお悩みでしたら、所沢市にある山本デンタルクリニックまで、
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_03.png
  • 24時間受け付けております WEB予約はこちら